貝パールとは?シェルパールの種類や品質、製造方法について

貝パール シェルパール イミテーションパール 人工真珠

■貝パールとは? 貝パールの特徴について

貝パール(シェルパール)とは、本真珠を模して作られた【イミテーションパール(模造真珠)】の一種で、養殖真珠で使われているのと同じ貝殻を削って成形された【天然貝核】の原珠に、【パールエッセンス】と呼ばれる、塗布すると真珠のような光沢を呈するパール塗料を塗装して作られる【人工パール】のことです。

貝パールは価格的な価値こそ本真珠に及びませんが、クオリティやコストパフォーマンスの点においては本真珠に引けを取りません。

本真珠で真球に近い形状で傷やエクボのみられない珠はとても希少で高価ですが、貝パールは珠がほぼ真球の形状で、サイズも均一なうえ、傷や凹凸のみられるものはごく稀と、品質が安定しています。

また、貝パールは本真珠と比べ、汗・皮脂や傷に強く、耐久性に優れるうえ、真珠で使われているのと同じ天然貝核が使われていることから本真珠同様の適度な重みがあり、見た目が自然で、冠婚葬祭用・フォーマル用の装身具から普段使いのアクセサリー用途まで、流行・季節・年齢を問わず気軽に身につけることができる素材として定評のある、おすすめのイミテーションパールです。

■イミテーションパール・貝パールの歴史

イミテーションパールの歴史は古く、1656年にフランスで作られた、中空の硝子の玉の内面にパール塗料を塗り、白蝋を詰めたものが世界初のイミテーションパールと考えられています。

1900年頃には欧米各国でイミテーションパールが作られるようになり、日本には明治末期頃に伝わり、大阪商人の大井徳次郎氏によってタチウオの鱗を使ったイミテーションパールの生産がはじまったといわれています。

大正に入るとガラスの原珠にパールエッセンスを塗り重ねた【ガラスパール】が作られるようになり、その後プラスチック樹脂の原珠を使った【プラパール(樹脂パール)】が作られるようになり、昭和40年代頃より原珠に天然貝核を使った貝パールが作られるようになったといわれています。

↓こちらの記事にイミテーションパールの歴史について詳細をご案内しております。

日本産イミテーションパール(人工真珠)の歴史

■貝パールの製造方法

天然貝核にパールエッセンスを塗り重ねて作られる貝パールは、パールエッセンスそのものの品質や調色、パールエッセンスを塗布する技術によって、色合い・輝き・光沢感などの仕上がり=品質クオリティに差が生じます。

アジア圏で塗装を施した貝パールも流通していますが、パールエッセンスの調色が今一つだったり、塗料の層が薄かったり、塗りムラがあったりと、日本国内の工房で仕上げられたものに比べて見劣りするという印象です。

一方、日本国内の工房では、原珠の通ったワイヤーを木枠に間隔を空けて張り、塗装の表面に気泡ができてしまわないよう、静かにパールエッセンスの水槽に木枠ごと浸しては乾燥室で乾燥させ、またパールエッセンスに浸しては乾燥室で乾燥させる、という昔から変わらない大変手間のかかる丁寧な手仕事を繰り返すことで、人工的な真珠層を作りだすようにパールエッセンスの層を厚くしています。

■最高級の貝パール、ミガキパールとは?

【ミガキパール】とは上記の手順で塗装を施した後、最後の仕上げにミガキと呼ばれるポリッシュ=オーロラ加工を施したイミテーションパールのことです。

表面が艶やかに磨かれることで生まれる、まるで本真珠のようなオーロラ様の多彩に輝く照りと光沢が特徴になります。

熟練の技術が継承された【伝統工芸品】とも称される国産のミガキパールは、パールエッセンスの層の厚みが均一で、仕上がりも滑らかで綺麗ですが、ミガキパールを作成する設備と技術を持つ職人は今や日本に3名しかいないことや、作業工程が多くなりコストが高くなってしまうことから、主に貝パールに用いられる高級な塗装・仕上げとなり、世界においてもあまり流通していません。

■メイド・イン・ジャパンのイミテーションパールに思うこと

人件費の安い発展途上国で作られる安価なイミテーションパールが世界の市場のみならず、日本国内の市場に出回る中、日本の確かな技術と細やかな手仕事は世界的に高く評価されており、日本製のミガキパールは世界の宝飾業界において揺るぎない信頼と地位を築いており、その人気は世界最高のイミテーションパールとも称されるスペインの【マジョリカパール】にも肩を並べます。

日本製のイミテーションパールはかつて世界市場で高いシェアを誇り、世界中に輸出されていました。

しかしながら、安価に大量生産されているアジア圏のイミテーションパールに世界市場のシェアを奪われて輸出量は激減し、日本製イミテーションパールの生産量も減少して、業界全体が低迷してしまい、現在では後継者難により廃業してしまった工房も多く、代々の技術を継承している職人が年々少なくなってしまっているといいます。

アジア圏のイミテーションパールの顕著な躍進の背景には、日本製品に比べて品質面では劣っているものの、品質の違いよりも価格を重視する傾向にあるアメリカ市場においてシェアを著しく拡大させていることにあるようです。

弊社では、クオリティの高い国産イミテーションパールの需要拡大に少しでも貢献できたらと考え、国産のミガキ仕上げの貝パールをはじめ、日本国内の各工房と連携して共同開発した復刻ヴィンテージ仕様、純国産ミガキ仕上げのガラスパールを通信販売しています。

以下、リンク先の弊社ネットショップにて取り扱いしております。

【ネイチャーガイダンス・グリーン店】貝パール(シェルパール)販売ページ

【アートソース】貝パール(シェルパール)販売ページ

gold filled setting banner
アクセサリーパーツ通販店 アートソース
nature-guidance.jp
業務用アロマオイル通販店 ネイチャーガイダンス
PAGE TOP