11月の誕生石 トパーズ Topaz 黄玉

11月の誕生石 トパーズ Topaz 黄玉

11月の誕生石 トパーズ Topaz 黄玉

トパーズは11月の誕生石で、モース硬度は8と硬く、ジュエリー用として耐久性のある宝石です。

トパーズの名の語源には、サンスクリット語で「熱」を意味する「tapas(タパス)」に由来とする説や、ギリシャ語の「topazos(トパゾス)」に由来とする説など諸説ありますが、中世の頃までトパーズの名は、緑や黄緑、黄色の宝石の一般的な呼び名であったため、ペリドットもトパーズと呼ばれていた歴史があったようです。

宝石質のトパーズ結晶は世界各地で広範に産出していて、かつては日本もトパーズの世界的な産地として名を馳せていたことがあり、明治初期頃には岐阜県や滋賀県などでトパーズが採掘されていました。

明治時代の頃はヨーロッパで黄色のトパーズが人気を集めていたことから、和名「黄玉(おうぎょく)」と命名されたといわれています。

11月の誕生石 インペリアルトパーズ Imperial Topaz

11月の誕生石 インペリアルトパーズ Imperial Topaz

トパーズは実にカラーバリエーションが豊富な宝石で、日本名「黄玉」の名の由来となったイエロー以外にも、シェリー~サーモンピンク~ピンクの「インペリアルトパーズ」、淡青色の「スカイブルートパーズ」、鮮やかで明るい青色の「スイスブルートパーズ」、深みのある濃い青色の「ロンドンブルートパーズ」、無色の「ホワイトトパーズ(カラーレストパーズ)」などがあります。

多彩なトパーズの中で最も市場価値が高いのはインペリアルトパーズで、その殆どがブラジルのミナス・ジェライス州オウロ・プレトから産出しています。

インペリアルトパーズと同じブラジルのミナス・ジェライス州オウロ・プレト産の金色のトパーズは美しい色合いですが、市場価値の高いインペリアルトパーズとは区別するために「プレシヤストパーズ」の名で流通していることもあります。

ブラウンカラーで産出するトパーズもあり、淡いオレンジ色~淡褐色は「シャンパントパーズ」、琥珀色~濃褐色は「ブラウントパーズ」などと呼ばれていますが、こちらは宝飾用としてはあまり流通していません。

11月の誕生石 スカイブルートパーズ Sky Blue Topaz

11月の誕生石 スカイブルートパーズ Sky Blue Topaz

スカイブルー、スイスブルー、ロンドンブルーなどの青色系のトパーズは、無色や淡青色で産出した結晶に高エネルギー線を照射し、さらに加熱処理して青色を発色させたもので、色の違いは処理する際のエネルギー源の違いや加熱処理の有無によるものです。

スカイブルー、スイスブルー、ロンドンブルーの呼び名は、大手化粧会社のレブロン社が名付けたアイシャドーパレットの名前に因んだものですが、今日では一般的な呼び名として定着しています。

11月の誕生石 スイスブルートパーズ Swiss Blue Topaz

11月の誕生石 スイスブルートパーズ Swiss Blue Topaz

世界で産出するトパーズ結晶の多くは、無色・淡褐色・淡青色ですが、かつては色のないトパーズは市場価値が殆どないとされて、宝石としてカットされることもなく、結晶標本として市場に出回るもの以外は廃棄されていたそうです。

屈折率が比較的高いトパーズは、無色の結晶であってもカットを施せば眩いほどの美しさを放つのですが、1970年頃より大量生産された人造宝石のキュービック・ジルコニアがガラス並の安価な価格で流通するようになり、トパーズに限らずサファイア、トルマリン、ベリル、クリスタルなどのあらゆる無色透明の宝石が、キュービック・ジルコニアに宝石市場のシェアを奪われてしまい、流通量が激減したためです。

しかしながら、同じ1970年頃に無色・淡褐色・淡青色の結晶が照射処理と加熱処理によるエンハンスメントで、ブルートパーズへと姿を変えて宝石市場に流通するようになりました。

エンハンスメントとは、その石が本来持っている潜在的な美しさを引き出すための処理のことで、一般的にエンハンスメントを施した宝石は天然宝石とほぼ同じ価値を持つとされているので、紛れもなく本物の天然トパーズになります。

照射処理と加熱処理によるエンハンスメントが施されたブルートパーズの色は安定していて、退色することもありません。

11月の誕生石 ロンドンブルートパーズ London Blue Topaz

11月の誕生石 ロンドンブルートパーズ London Blue Topaz

ブルートパーズの元となる結晶は、スリランカやナイジェリア等で大量に産出しているため、ブルートパーズとなって流通するもののほとんどは、インクルージョンやクラックなどがみられない、ほぼ完全無欠の透明度の高い宝石であることが殆どです。

ナチュラルで青いトパーズが産出することも珍しくはないようですが、青みの淡いものが殆どで、カットすると更に色が淡くなってしまい、宝石としては余り魅力がないことや、色が不安定で2~3年も経たずして退色してほぼ無色になってしまうものが多いため、殆ど市場に出回ることはありません。

11月の誕生石 ホワイトトパーズ White Topaz カラーレストパーズ Colorless Topaz

11月の誕生石 ホワイトトパーズ White Topaz

 

1990年末頃からは、無色透明のトパーズに「蒸着(じょうちゃく)」と呼ばれる、レンズや半導体等の製造で用いられる技術を応用し、金属の薄膜コーティングを施して多彩な色合いに着色されたトパーズが市場に姿を現すようになりました。

使われる被膜の色や厚さにより如何なる色合いを出すことが可能なうえ、最先端技術の応用のため簡単に剥がれることもありません。

色により様々な名前がありますが、玉虫色に輝くものは「ミステックトパーズ」と呼ばれています。

11月の誕生石 トパーズ アクセサリー 取扱商品一覧 – ネイチャーガンダンス

11月の誕生石 トパーズ アクセサリー 取扱商品一覧 – アートソース

gold filled setting banner
アクセサリーパーツ通販店 アートソース
nature-guidance.jp
業務用アロマオイル通販店 ネイチャーガイダンス
PAGE TOP