天然石

アメジストとは? 意味・歴史・産地・特性・価値・宝石言葉

2月の誕生石 アメジスト

宝石名 アメジスト (アメシスト)
英名 amethyst
和名 紫水晶 (むらさきすいしょう)
分類 珪酸塩鉱物
化学組成 二酸化ケイ素
化学式 SiO2
結晶系 三方晶系
モース硬度 7
靭性 7.5
劈開性 None
比重 2.65-2.66
屈折率 1.54-1.55
分散度 0.013
光沢 ガラス光沢
パープル、ラベンダー、ライラック、ライトグリーン
誕生石 2月
石言葉・宝石言葉 誠実-高貴-心の平和

アメジストとは?

アメジスト(amethyst)は紫色系を呈する水晶(クリスタル)で、モース硬度7の半貴石・準宝石です。

和名は”紫水晶(むらさきすいしょう)”で、アメジストの紫色は水晶の中に微量に含有する鉄に起因しており、不純物の鉄の含有量によって、濃紫色からライラックの様な薄紫色のものまで実に多彩な紫色を呈します

ごく淡い紫色のものは”ラベンダーアメジスト”や”ピンクアメジスト”、”ローズ・ド・フランス(Rose de France)”の名称で流通していることもあります。

鉱物学的には化学組成が二酸化珪素の鉱物の石英(クォーツ)の一種で、ガラス光沢をもつ宝石質の結晶体の水晶(クリスタル)です。

アメジストと同じ水晶(クリスタル)の一種のシトリン(黄水晶)は、地中深くに結晶したアメジストが、マグマなどの地熱よる熱干渉を受けたり、自然の放射線が加わわることにより黄色く色変化したものです。

アメジストを約450℃に加熱するとシトリンの色合いに変化することから、現在市場に流通しているシトリンのほとんどがこの原理を利用してアメジストに加熱処理を施して黄色系に色変化させたものです。

このことから、アメジストは直射日光に弱く、長い間紫外線や熱に曝露すると褪色してしまう性質があり、褪色してしまうと元に戻すことはできませんので、色褪せを防止するためにも光を透過しない箱等に入れて収納するなど暗所で保管するよう注意が必要です。

アメジストの意味は?

“アメジスト(amethyst)”の名前の語源は、古代ギリシャ語で”酔わない人”を意味する”amethustos”に由来します。

“a-“→”~しない”を意味する否定形の接頭辞。

“methu”→古代ギリシャ語で”ワイン”を意味する名詞で、後に”methy”へと変化。

“-iste”→古代ギリシャ語で単語に付加して”~する人”の名詞を構成する接尾辞。後に”-ist”へと変化。

“-eos”→古代ギリシャ語で名詞に付加して”~の性質を有する”という意味の形容詞を構成する接尾辞。

“methustos”を直訳すると”ワインを飲んだ人”つまり”酔っている人”になり、そこに否定形の”a-“を加えた”amethustos”を直訳すると”ワインを飲んでいない人”つまりは”酔ってない人”の意味になります。

“amethustos”の解釈には諸説があり、アメジストの色がワインの色に近いながらも、それに及ばないことを意味するという説もあります。

アメジストの言い伝え

アメジストはギリシャ神話に登場する月の女神アルテミスに仕える少女の名前です。

ギリシャ神話において豊穣と葡萄酒の神とされるディオニュソス(ローマ神話ではバッカスと呼ばれる)は、悪戯半分でその日に最初に出合った人間を家来のピューマに襲わせることにしました。

その標的にされてしまったのが、月の女神アルテミスに仕える少女のアメジストです。

アメジストに迫る危機に気が付いたアルテミスは、ピューマからアメジストの身を守るために、アメジストの姿を硬い水晶へと変えたのでした。

自分の犯した愚かな行為に反省したディオニュソスは、深く懺悔し、アメジストの化身の水晶に葡萄酒を注いだところ、美しい紫色の水晶が誕生したと伝えられています。

このギリシャ神話から、アメジストには酔いを払う力があると考えられ、泥酔や酩酊に陥り愚行に及ぶのを防ぐとも伝えられるようになり、アメジストで作られたゴブレットなどの酒器も使われていました。

また、アメジストは邪悪な想念から目を覚ましてくれたり、感情をコントロールし、心に平穏をもたらしたり、心を落ち着かせてくれる働きがあると考えられるようになりました。

アメジストの歴史

透明度が高く発色の美しい上質のアメジストは、紀元前より宝飾用の宝石として重宝されてきた宝石で、 かつてはエメラルド、ルビー、サファイアなどの貴石にも引けを取らない価値ある宝石として扱われていました。

キリスト教などではアメジストは司教の石とされ、位の高い聖職者はアメジストがあしらわれた十字架やロザリオ、指輪などを身に着けていました。

古来より王族や貴族など身分が高い人々がアメジストを身に着けてきた歴史があるため、高貴で崇高な印象を抱く宝石でもあります。紫水晶 原石

アメジストの産地

アメジストは水晶の一種で石英が結晶化してできる鉱物なので、世界中のいたる所で産出していますが、宝飾用の宝石ルース・裸石用として流通する透明度の高い高品質のアメジストが商業的に採掘されているのはブラジルとアフリカです。

コレクター用の六角柱やクラスターなどの原石ではブラジル、ウルグアイ、メキシコ(ベラクルス、ゲレロ)、ボリビアなどの南アメリカや、サンビア、ナミビア、モザンビーク、マダガスカルなどのアフリカで採掘されたものが流通しています。

日本国内でも宮城県の雨塚山、石川県の尾小屋鉱山、栃木県の足尾銅山などで産出しますが、現在は掘り尽くされてしまい商業的に採掘はされていません。

アメジスト原石

アメジストの価値

アメジストは紫色が濃いものほど価値が高く、色が薄くなればなるほど、その価値は低下していきます。

透明度やインクルージョン(内包物)の有無も価値を評価する際の重要なポイントで、インクルージョンを含まず、濃い紫色と高い透明感を兼ね備えている宝石が最も高く評価されます。

現在市場に流通しているアメジストのほとんどは価値を高めるために、より濃い色味に発色させたり、透明度を向上させるために加熱処理が施されています

さらに高温に加熱処理すると紫色から黄色に色が変化してシトリン(黄水晶)となることから、現在市場に流通しているシトリンのほとんども加熱処理が施されているものです。

天然のアメトリンは限られた条件下でしか生成されないため、現在市場に流通している多くのアメトリンもまた、加熱処理により作り出されたものがほとんどです。

アメジストの特性

アメジストは一石の宝石の中に複数色を呈する”カラーゾーニング(色分布)”の特性が見られることもあります。

カラーゾーニングを特徴に持つ宝石は水晶のほかに、トルマリンやコランダム(ルビーサファイア)、ゾイサイト(タンザナイト)などがあります。

カラーゾーニングが起こる要因としては、宝石の原石となる結晶が長い年月をかけて地中でゆっくりと成長していくことにあります。

宝石は金属の微量元素を結晶中に取り込むことで様々な色を呈しているのですが、結晶は成長スピードが大変遅いことから、長い年月をかけて結晶が形成される間に地中の環境が変化してしまうことが度々あり、地中の温度に変化が生じたり、取り込まれる微量元素の量や種類が変化してしまうために起こります。

カラーゾーニングが二色の場合はバイカラー、三色の場合はトリプルカラー(トリカラー)、多色の場合はマルチカラーやパーティカラーなどと呼ばれることがあります。

アメジストとシトリンが混ざり合いバイカラーになっている宝石は”アメトリン”の名で流通しています

バイカラーやマルチカラーの宝石の場合は、カラーゾーニングがしっかりと確認できるものが高く評価されますので、色の違いがはっきりと出るようにカットされている一石を選ぶことをおすすめいたします。

アメジストの石言葉・宝石言葉

アメジストの石言葉・宝石言葉は、高貴-誠実-心の平和

石言葉・宝石言葉とは、一つ一つの宝石に与えられた言葉のことで、各々の宝石の持つ特質や歴史・言い伝えなどから、象徴的な意味をもつ言葉が選ばれています。

石言葉・宝石言葉には、各々の宝石の持つ特質や色が与える心身への影響が研究された心理学が応用されていますので、自身が受ける心理的影響を生かしたセルフマネジメントや、他人に与える心理的影響を活かした印象戦略などに活用することができます。

紫のカラーストーン(色石)の心理効果

色名”紫(むらさき)”の語源は、日本全土に分布していた日本原種の植物の名称で、この植物の赤紫色をしている根は”紫根(シコン)”と呼ばれ、日本では飛鳥時代以前より生薬や染料として流用されていたと伝えられています。

紫根に含まれる”シコニン”と呼ばれる成分が染料となる紫根の染物は”紫根染”と呼ばれ、”藍染”や”紅花染”と並ぶ、日本三大色素の一つに選ばれています。

紫根染は古来より貴重な染料として重宝されたことから、紫色の衣服は皇族、公家、貴族などの身分の高い人々以外は身に着けることが許されない”禁色(きんじき)”に定められていた時代もありました。

このことは、大化3年(西暦647年)に制定された日本の冠位である”七色十三階冠(ななしきじゅうさんかいかん)”に深紫が最高位に定められていたことからも窺えます。

紫はいにしえより高位の色とされてきた歴史があることから、現代でもその名残から”高貴”・”優雅”・”高級”を感じさせる効果を維持していると言えます。

紫は自然界ではあまり見かける色ではないことから、神秘的なインスピレーションを与えたり、幻想的なファンタジーの世界を連想させる色でもあり、感性を豊かにして独創性を高めてくれる色とも考えられていますので、芸術家やクリエイターの方、スピリチュアルビジネスを生業とされる方に好まれる色でもあります。

天然石アメジスト関連商品のご案内

【アメジストの宝石ルース】【アメジストのジュエリー】【アメジストのアクセサリー】は、弊社オンラインショップのアクセサリーパーツ卸売り通販店【ネイチャーガイダンス・グリーン店】と【アートソース】にて取り扱い・販売中です。

詳細につきましては、以下のリンクより弊社オンラインショップの商品ページをご確認いただけますと幸いです。

ネイチャーガイダンス【アメジスト宝石ルース】販売ページへ

アートソース【アメジスト宝石ルース】販売ページへ

ネイチャーガイダンス【アメジスト天然石アクセサリー】販売ページへ

アートソース【アメジスト天然石アクセサリー】販売ページへ

関連記事

  1. ガーネットの種類 ガーネットの種類について
  2. 14kgfペンダントトップ【ゴールドフィルド・天然石アクセサリー…
  3. ブラス(真鍮)製 天然石リング ブラス(真鍮)製 天然石リングが新入荷です
  4. 淡水パール バロックパール ビーズ 卸 【バロックパールビーズパーツ(連売り)】淡水真珠アクセサリーパー…
  5. 淡水パール真珠ビーズ(バロックパール7mm/ホワイト系) 淡水パール真珠ビーズパーツ(バロックパール7mm/ホワイト系)
  6. アクアマリン,誕生石,3月,水宝玉,藍玉,ベリル,Aquamarine, アクアマリンとは?誕生石の意味・効果・言い伝え・歴史
  7. 14kgf 天然石 チャーム パーツ k14gf ゴールドフィルド 14KGF天然石チャームパーツ【ベゼル・覆輪留め】ゴールドフィル…
  8. 14kgfリング ピンクトパーズ ゴールドフィルド天然石リング【14KGFトルマリン指輪&…

新商品

  1. 花珠 貝パール ビーズ パーツ オーロラ 真多麻 イミテーションパール
  2. ティアドロップビーズ ファセット ブリオレット カット 天然石ルース ラブラドライト
  3. ティアドロップ ビーズ ファセット ブリオレット しずく ルース 天然石 ストロベリークオーツ

おすすめ記事

  1. 新しい誕生石一覧 2021年改定・最新版 新しい誕生石,誕生石一覧,新誕生石,誕生石改定,追加された誕生石,モルガナイト,スフェーン,タンザナイト,スピネル,アイオライト,アレキサンドライト,クンツァイト,ジルコン,キャッツアイクリソベリル,ブラッドストーン,;
  2. アクアマリンとは?誕生石の意味・効果・言い伝え・歴史 アクアマリン,誕生石,3月,水宝玉,藍玉,ベリル,Aquamarine,
  3. モルガナイトとは? 意味・歴史・特性・価値・需要・産地・誕生石 モルガナイト 4月の誕生石 ピンクベリル ローズベリル モルガン石 Morganaite

ピックアップ記事

  1. 14kgf リングパーツ ゴールドフィルド 指輪 石枠 ラウンドカボション用
  2. 14kgf デザインリング
  3. 14KGF キュービックジルコニア 指輪 シェブロン リング
新しい誕生石,誕生石一覧,新誕生石,誕生石改定,追加された誕生石,モルガナイト,スフェーン,タンザナイト,スピネル,アイオライト,アレキサンドライト,クンツァイト,ジルコン,キャッツアイクリソベリル,ブラッドストーン,;
  1. アクアマリン,誕生石,3月,水宝玉,藍玉,ベリル,Aquamarine,
  2. モルガナイト 4月の誕生石 ピンクベリル ローズベリル モルガン石 Morganaite
  3. 2月の誕生石 アメジスト
  4. ドロップビーズ ブリオレット 天然石ビーズ ラピスラズリ ルース
  5. 花珠 貝パール ビーズ パーツ オーロラ 真多麻 イミテーションパール
PAGE TOP